サイディング住宅

サイディング住宅の方の塗装についてご説明いたします

サイディング住宅にはいくつか種類があり大きく分けると窯業系サイディングと金属系サイディングの2種類があります。
金属系サイディングを使用されている住宅は非常に少ないですので、窯業系サイディングの内容についてご紹介いたします。
サイディング住宅を検討されている方はこちらのページよりご覧ください。

モルタル住宅

モルタル住宅の方の塗装についてご説明いたします

コケやカビ、紫外線で傷んでしまった外壁をあまりに放置するとこの新築時の塗膜が浮いたりしてしまい剥離の原因に繋がってしまいます。
本来理想的な塗り替えのタイミングは築5年~10年で手を掛けるのが最適です。
モルタル住宅を検討されている方はこちらのページよりご覧ください。

シーリング

シーリングのみの施工実績で年間50~100棟程度

サイディングには大きく分けてふたつの種類があり、「窯業系サイディング」と「金属系サイディング」があります。ちなみに多くの住宅に用いられているのは窯業系サイディングですが、どちらのサイディングであってもほとんどのサイディングにあるのが「シーリング」という目地です。シーリングとは、材料の継ぎ目に充填して、雨漏りを防いだり空気を遮断したりする大切なもの。住まいを守るとても重要な役割を果たしているのです。

特殊塗料

特殊な機能を備えた塗料~断熱・防水・光触媒~

相模原の塗装専門店「菅原塗装工房」では、シリコン塗料やフッ素塗料以外にも様々な多機能性を持った特殊塗料も多く取り扱っております。その中でもお客様から特に人気のあるものをご紹介します。現在お住いになられているご自宅でお困りの内容が、もしかしたら塗装するだけで解決できるかもしれません。

上記のように、塗料にはそれぞれに耐久年数があり、耐久年数が長くなればなるほど費用が高くなります。しかし、たとえ塗装が長持ちしても外壁そのもののベース部分が寿命を迎えてしまったり、塗装箇所の周囲が劣化して、その影響が塗膜に出たりと、塗料の耐久年数に関係ない部分で塗り直しが必要になるケースがあるのも事実。塗装以外の消耗状態や、塗装に影響を与える周辺環境も加味した塗料選びが大事になってくるのです。「高くて長持ち」よりも「安くて十分持つ」塗料が適している場合もあります。塗料選びで困ったら、ぜひ当社にご相談ください。効率的に塗り替えを行っていくための、最適なアドバイスをさせていただきます。

0120-371-492

塗装について

シーリングについて

多機能型塗料について